朝日ホームズ株式会社 > 朝日ホームズ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸経営で災害に備えてやるべきこととは?減災対策や保険についてご紹介

賃貸経営で災害に備えてやるべきこととは?減災対策や保険についてご紹介

≪ 前へ|空港アクセス良好 「朝日向島マンション404号室」 <押上駅>   記事一覧   賃貸管理の業務とは?管理委託のメリットと選び方をご紹介|次へ ≫
カテゴリ:賃貸管理

賃貸経営で災害に備えてやるべきこととは?減災対策や保険についてご紹介

日本に住んでいると地震が多く、自然災害の被害を受ける地域も多くみられます。
そのため、賃貸経営をおこなう際にはさまざまな災害に備えておく必要があるでしょう。
そこで今回は、災害への備えと自然災害のリスク、減災対策や保険への加入についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸経営で災害時に備えてリスクを考える

自然災害により建物が損壊した場合には、修繕をオーナーがおこなうことになります。
建物が全壊した場合は、賃貸借契約が終了となり家賃収入を得られなくなるでしょう。
さらにライフラインが止まり避難が必要な場合にも、家賃収入は得られません。
自然災害により家財破損やケガが起きた場合は、基本的に入居者が負担をします。
しかし、建物がきちんと管理されていないことが原因だと判断されると、賠償責任を負うことにもなりかねません。
つまり、災害は賃貸経営をする方にとってリスクの高いものだと認識することが重要です。

賃貸経営で災害に備えて減災対策をする

災害による損害を修繕するには多額の費用が必要になるため、減災対策をしておくことも大切な備えになります。
まずできることは、建物の周辺にあるハザードマップなどで危険度や、どのようなリスクがあるかを確認することです。
ホームページで確認ができるので、賃貸経営を始めるときにはチェックしておきましょう。
また、入居者とコミュニティーを作って災害時や緊急時に安否確認ができる環境を整えるのも重要です。

賃貸経営で災害に備えて保険に加入する

今後発生する可能性がある災害に備えるため、火災保険と地震保険に加入することがポイントです。
火災保険には、さまざまなな補償内容があるため賃貸経営の状況をみて合ったものを選びましょう。
自然災害以外に人災などのリスクにも対応できる内容があるため、じっくりと確認をしてください。
また、火災保険では地震で受けた損害の補償はできません。
たとえば、地震が原因で火災が発生した場合でも火災保険では補償の対象外です。
そのため、火災保険だけでなく地震保険とセットで加入すると良いでしょう。
災害リスクを減らすために、火災保険と地震保険の加入や補償内容の見直しなどをすると安心です。

まとめ

今回は、賃貸経営をする上で災害に備えるための方法や、リスクについて、減災対策や保険への加入などをご紹介しました。
賃貸経営をおこなう前に災害のリスクを知り、減災対策で何ができるかを確認しましょう。
また、火災保険と地震保険はセットで加入すると安心です。
賃貸・管理・リフォームのことなら、「朝日ホームズ」にお任せください。
ご所有不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|空港アクセス良好 「朝日向島マンション404号室」 <押上駅>   記事一覧   賃貸管理の業務とは?管理委託のメリットと選び方をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


麴町三番町マンション

麴町三番町マンションの画像

賃料
40万円
種別
マンション
住所
東京都千代田区三番町9-1
交通
半蔵門駅
徒歩3分

吉田ビル

吉田ビルの画像

賃料
22万円
種別
事務所
住所
東京都渋谷区神宮前4丁目26-32
交通
明治神宮前駅
徒歩4分

中西ビル

中西ビルの画像

賃料
42.4288万円
種別
事務所
住所
東京都千代田区西神田2丁目5-6
交通
水道橋駅
徒歩6分

谷口ビル

谷口ビルの画像

賃料
23.1万円
種別
店舗事務所
住所
東京都千代田区富士見1丁目9-21
交通
飯田橋駅
徒歩4分

トップへ戻る

賃貸経営を任せたい方はこちら