朝日ホームズ株式会社 > 朝日ホームズ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸経営の空室対策とは?空室の原因や具体的な対策をご紹介

賃貸経営の空室対策とは?空室の原因や具体的な対策をご紹介

≪ 前へ|賃貸管理の業務とは?管理委託のメリットと選び方をご紹介   記事一覧   賃貸経営で家賃滞納された場合の影響や未然に防ぐ方法もご紹介|次へ ≫
カテゴリ:賃貸管理

賃貸経営の空室対策とは?空室の原因や具体的な対策をご紹介

賃貸経営において重要なポイントは、空室対策をおこなうことです。
入居者を増やすためにも、空室になる原因や具体的な対策を講じる必要があります。
今回は、賃貸経営の空室対策についてご紹介しますので、入居者が増え、退去が減るように実践してみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸経営でおこなう空室対策とは

空室対策とは、賃貸経営している物件の空いた部屋を減らすための施策です。
現在、賃貸物件が増加しつつありますが、少子高齢化の影響もあり借り手市場となっており、空室が埋まる率は徐々に低くなっています。
そこで、どれだけ効果的な対策をおこない満室を目指せるかが、賃貸経営の課題となります。
空室の数や空き期間を減らすために何をすべきか、居住期間を延ばすにはどうしたら良いかなど、しっかり考える機会にしてください。

賃貸経営で空室対策!空室の原因とは

まずは、空室の原因を探る必要があります。
よく言われる原因は、立地が良くないことです。
たとえば、最寄り駅から距離がある、近くにコンビニエンスストアやスーパーマーケットがない物件は、あまり人気がでません。
また、家賃と敷金、礼金が相場より高額の場合は費用負担が大きいため選択肢から外されてしまうでしょう。
その他に、個人で運営する賃貸物件では、入居者の募集方法や頻度に良くない点があり、空室の原因になっている可能性があります。
入居希望者からみて、躊躇してしまう原因を探り把握すると良いでしょう。

賃貸経営でおこなう具体的な空室対策とは

具体的な空室対策として実施できることは、入居条件の見直しです。
たとえば、単身者限定だった部屋を2人まで入居可能にする、ペットの飼育を禁止していた部屋をペット可にするなどです。
入居したい!と思える条件に変えることで、空室を減らしやすくなります。
また、借主が支払う費用も見直す必要があります。
ただし、家賃を簡単に下げてしまうと収入に大きな影響があるため注意が必要です。
具体的には初期費用の礼金をゼロにするなど、減収が一時的で済む内容がおすすめです。
また、家賃を下げるのではなく、フリーレントと呼ばれる入居から数か月の家賃を無料にする方法もあります。
このように、空室対策にはさまざまな方法があります。
空室の原因に適した方法を選んで実践してみてください。

まとめ

この記事では、賃貸経営でおこなう空室対策の内容や空室になる原因、具体的な対策方法をご紹介しました。
経営している賃貸物件に空室が出る原因はさまざまありますが、適切な対策を実践して満室を目指しましょう。
賃貸・管理・リフォームのことなら、「朝日ホームズ」にお任せください。
ご所有不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸管理の業務とは?管理委託のメリットと選び方をご紹介   記事一覧   賃貸経営で家賃滞納された場合の影響や未然に防ぐ方法もご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


麴町三番町マンション

麴町三番町マンションの画像

賃料
40万円
種別
マンション
住所
東京都千代田区三番町9-1
交通
半蔵門駅
徒歩3分

吉田ビル

吉田ビルの画像

賃料
22万円
種別
事務所
住所
東京都渋谷区神宮前4丁目26-32
交通
明治神宮前駅
徒歩4分

ディアレイシャス池尻大橋

ディアレイシャス池尻大橋の画像

賃料
12.6万円
種別
マンション
住所
東京都世田谷区池尻4丁目26-10
交通
池尻大橋駅
徒歩10分

クロスエアタワー

クロスエアタワーの画像

賃料
38万円
種別
マンション
住所
東京都目黒区大橋1丁目
交通
池尻大橋駅
徒歩7分

トップへ戻る

賃貸経営を任せたい方はこちら